お問い合わせはこちらまで
担当者直通→(090)8754-7867
メール kenta.tanaka@ss-medical.net

人材確保大作戦

そもそも何のために人材を確保するのか

患者さまのためのチームであること

病気の診断・治療を行うのは医師に限られていることは言うまでもありません。しかし、患者さまに診療を提供するとき、受付や検査、会計など医師一人で行うことはできません。いわば、患者さまのための一つの「チーム」なのです。患者さまに快適な空間、診療を提供するためにも、自院にあった人材を確保することは最重要課題ということができます。

 スタッフも医院をつくる大切な要素

スタッフは医院をつくる大切な要素と言えます。患者さまに満足度調査を行うと、医師に対しての感謝の気持ちはもちろん、それ以上に看護師や受付スタッフへの感謝の言葉がつづられます。手術を行う医療機関であれば「入院時、看護師さんの声かけで安心できた」とか、初めて来院された患者さまであれば「受付の方の笑顔が素敵で、また来たいと思う」など、すべてが医院の良さ、特徴を示すものです。スタッフ一人ひとりを大切にすることが、医院発展の鍵となります。
 

人材確保をするための大切な「たった一つ」のこと

先生の思いを、理念を「素直に」出すこと。このことに尽きます。患者様は、以下のような思いを持って来院されます。

・院長先生はどのような思いがあるのか
・治療・診療方針がハッキリしているか
・何かあっても聞きやすいか

など、それぞれ患者さんによって若干の違いはあるものの、先生の考えや方針に共感する医院に行きたいと思うものです。それはスタッフも同じこと。
患者様にどのような思いがあって仕事をしているか、
その思いにふれ、医院に誇りを持ち、先生とともに歩む仲間となるのです。
ただし、理念は簡単には言語化しません。
先生が自分と対話し、
最初は出してみては消し、出してみては消し、の
繰り返しかもしれません。
 
それでも一歩ずつは踏み出しています。

人材確保のステップだと考え、理念の確立を意識しましょう。