HOME

最新のお知らせ


2018年8月2日 : ★もっと田中を知ってみる★を更新しました
★もっと田中を知ってみる★を更新しました
内容はこちらから
2018年7月20日 : お客様の声について
「お客様の声」を追加いたしました
2018年2月7日 : 日本医療マネジメント学会大阪支部で演題発表します
2018年2月24日土曜日に開催される
第11回日本医療マネジメント学会大阪支部学術集会にて
「 少子高齢化時代の医療機関の職員「育成」の前に考えること
~人材定着を見通して~」
という内容で演題発表します。

演題発表は、約130ありますが、
ほとんど教育機関、病院、研究機関で
コンサルタントとしては私一人だけ採択されたようです。

詳しくは以下をご覧ください。
http://www.aijinkai.or.jp/reha/gakkai/index.html
2017年5月8日 : 5月23日に大阪でセミナー開催します
アルバイト・パートが定着するコツ!セミナーを開催します。
詳しくはコチラからどうぞ!
2017年4月25日 : 「コンサルティングの流れ」を掲載いたしました
コンサルティング開始までの流れを掲載いたしました。
コチラからご確認くださいませ。
業務内容・コンサルティング開始までの流れページ



院長先生は「現場の最前線」+「経営責任者」の両輪を担っている大変なお仕事をされています。

「院長先生だって悩むことはあって、当然」です。

そんな院長先生を、経営・人財面からサポートするのが、
S&Sメディカルコンサルタントです。



「採用のサポートって、意味あるの?自分たちでできる!」
そう思う方もおられるでしょう。
では、例えば、喫茶店の店員さんを採用する際は
どういう点を見ますか?
笑顔?かわいらしさ?
それはそれで大切です。
しかし、もっと大切なことがあります。

それは「気づく力」です。

お客さんが呼んでいるとき、すぐに気づけるか?
何かあったときに、すぐに現場へ行けるか?

みなさんもお客さんとしてお店に入り、
注文するときに店員さんを呼びますよね。
中には呼んでもなかなか注文を取りに来ない方もいます…
仕事はこのような特性が必要、ということを理解することは
良い採用活動ができることにつながります。

どうしても店員さんを採用するとき、
「笑顔」だけを重視してしまうところがあります。

医療機関でも同じこと。

みなさまの医院の着眼点を踏まえて、
医院にあった人材に出会うお手伝いをいたします。

選ばれる9つの理由

【特徴1】医療機関専門
医療機関専門だからこそできる強みがあります。代表は医療機関で事務長として医院運営・改善に取り組んできたスペシャリストです。医療機関の特徴を把握した上で、先生の医院に合った提案ができるのが強みです。

【特徴2】対応力の広さ
事務長経験を生かし、幅広いサポートが可能です。採用業務だけにとどまらず、メンタルヘルス、リスクマネジメントなど医院のあらゆる「困った」に対応いたします。

【特徴3】「スタッフ採用」を熟知している
採用業務に強いコンサルタントとして、今まで1,000人以上の面接・面談を行ってきました。看護師、受付スタッフなど職種を問わず採用業務を専門としております。医院の差は「スタッフ力の差」と言えます。先生が安心して診療できる仲間に出会えるようサポートします。

【特徴4】利便性
顧問契約の場合、電話、メール相談は無制限。24時間受付可。スタッフからの相談も対応できます。気になったときには、いつでもお気軽に相談できる体制があります。

【特徴5】高品質のサービス
医療機関で勤務するみなさまのメンタルサポートも対応。カウンセラーでもある代表コンサルタントが定期的に心のケアも行います。一人ひとりが働きやすい、を心がけています。

【特徴6】迅速な対応
運営にはトラブルがつきものですが、迅速な対応が欠かせません。トラブル発生時には、Skypeを利用可能ですので、電話では伝えられない状況の共有や対応の相談が可能です。(予めSkype登録必要)

【特徴7】連携専門家派遣・サービス
医療機関に強い、信頼できる専門家と連携し、場合によってはその専門家をご紹介することも可能です。ご相談内容に応じて、適宜ご提案させていただきます。

【特徴8】費用は後払い
顧問料は月ごとの「後払い」です。(例:8月分の顧問料⇒9月支払)支払いに値しない、と判断される月があれば、理由の如何を問わず、お支払いいただかなくて結構です。

【特徴9】他社にはない特徴
医療機関専門×採用専門と2つの「専門」を持つ、他社にはないコンサルティングサービスです。医療機関事務長としての経験を持ち、医療機関の特徴を内側から把握しています。そのため「話が早い」と先生方から好評をいただいております。



いかがでしょうか。
まずはみなさま無料の初回相談から始められています。
お悩みを抱えているのは先生だけではありません。
医院運営の参考資料の一つだとお考えいただき、お気軽にお問い合わせくださいませ。